【伊豆大島シュノーケルの旅】東海汽船大活用!1日の休みで大満足!竜宮城も?!

【伊豆大島シュノーケルの旅】
東海汽船大活用!1日の休みで大満足!竜宮城も?!

伊豆大島と言えば噴火でできた島ですね。

元々は3つの火山であった3つの島が噴火を繰り返しながらひとつの島になりました。

その後、大きな噴火を繰り返し島全体が大きなカルデラとなりました。

近年では、1777年。
この時の大噴火で出来たのが三原山というわけです。

今回はその噴火の歴史を持つ島「伊豆大島」にたった1日の休みで温泉からシュノーケルまで満喫してきた記録となります。

大島の竜宮城も発見しましたよ!
ぜひ最後までご覧ください。


目次

  • 伊豆大島上陸前日(休み前日)、船の紹介とお役立ちアイテム
  • 朝5時、伊豆大島入港、そしてレンタカー
  • 到着してすぐに道なき道を進む
  • 【三原山温泉】朝5時から開いてる伊豆大島源泉かけ流しの湯
  • 【トウシキ遊泳場】地元民も「ここが一番」とオススメする海
  • ランチはラーメン、伊豆大島は火曜休みが多いので注意
  • 【王の浜】まるで竜宮城!シュノーケル中級者にオススメの海
  • 最後に温泉、そしてジェット船で帰路へ
  • 最後に(東海汽船を割引価格でお得に乗る方法2種など)
伊豆大島でシュノーケル




伊豆大島上陸前日(休み前日)、船の紹介とお役立ちアイテム

竹芝桟橋より23時出港の大型客船さるびあ丸に乗り込みます。23時出港なので、仕事が終わった後でも余裕をもって乗船できますね。

このさるびあ丸は竹芝桟橋を出港した後、今回の目的地である伊豆大島を経由し、利島→新島→式根島→神津島と進みます。大島への入港は朝5時。

船から見える竹芝桟橋の風景がきれいでした。
東海汽船から見る竹芝桟橋

私が予約したのは「2等和室」という一番安い客室。
ひとりの友人は「2等椅子席」という、同じく一番安い客室を予約しておりました。

結果、椅子席ではほとんど寝れなかったようです。
一方、私の2等和室はこんな感じ。
伊豆大島行き東海汽船、大型客船2等室


この殺風景な客室に持ってきたのはキャンパーならではのアイテム「エアベッド」。
2等和室も快適、エアベッド

このエアベッド、かなりコンパクトになるうえに空気を入れるのが楽。たったの90秒で設営出来て、空気を抜いてたたんでしまうのも3分程度。とっても快適に眠る事が出来ましたよ。



ところで、もうひとりの友人は「特2等室」を予約しており、ベッド付き。
確か3000円ほど高かったと思いますが、カーテンで仕切りもでき、快適に眠れたようです。
さるびあ丸の客室の詳細は、ぜひこちらをご覧ください。


実は、竹芝桟橋のすぐ近くに住む友人の家で19:30から呑んでおりまして、乗船の頃には既にほろ酔いでした。
しかし、この2等和室が平日という事もあり、ガラガラ。私しかいなかったので、友人たちとここで軽く呑むことにしました。
そのまま気が付けば就寝。寒くて起きたのが朝4時でした。
たしか貸毛布があったな。
さるびあ丸、貸毛布

そう思いながら、貸毛布の自販機に行くも、チケット買ってどこで受け取るのかわからず断念。
そもそも、あと1時間で到着なので、ここで寝てしまったらヤバイなと思いました。

そう、目的地が伊豆大島の場合、ちゃんと時刻どおり起きて下船しないと、へたすりゃそのまま神津島まで行ってしまうかもしれません。
行かずにしても、全てのお客様に多大な迷惑をかけることは明白。
そのまま起きて下船の準備をすることにしました。

朝5時、伊豆大島入港、そしてレンタカー

朝5時。
東海汽船、伊豆大島入港

定刻通りに伊豆大島、岡田港に入港いたしました。大型船は基本的に岡田港に入港いたします。ジェット船は海の状況により岡田港、または元町港に入港しますのでご注意ください。

さて、手配しておいたレンタカー屋さんに電話をします。すると、既に港まで迎えに来てくれておりました。
今回はモービルレンタカーさんというところで借りました。

島内のレンタカー屋さんは2日前くらいまでに予約をしておけば朝5時でも送迎、配車の手配をしてくれます。
早めにレンタカーを手配しておく事をお勧めいたします。
送迎のワンボックスに乗って、6分程度のレンタカー屋さんまで行きます。申込書等を記入して、無事レンタカー開始です!

ちなみに私はまだ少し酔っている感じがあったので、友人に運転をお願いしました。
さて、伊豆大島、シュノーケル、そして冒険の旅の始まりです!

到着してすぐに道なき道を進む

車を走らせていると
伊豆大島、道なき道

こういう道。大好物なんですよ。人が通った跡があって、それでいて普通の人は入らないだろうなという道。
この道を進むことにしました。ちなみにこの時、まだ6時前です。
テンション高めに進んでいきます!

だんだんと道なき道になっていきます。
伊豆大島の秘境



こうなるとテンション絶好調!友人たちからはブーブーでした(笑)
更に進むと
伊豆大島


完全に道が無くなりましたが、なんとなく草の分け目が分かりますよね。
もちろんグイグイ進みます!
この頃には後ろにいた友人たちは見えなくなっていました(笑)
そして進んだ先の光景がこちら
伊豆大島、シュノーケルスポット

最高ですよ!
でも、あまりマネしないでくださいね。危険だと思ったら引き返すのも勇気です。

ちなみに先頭を歩く私はクモの巣だらけです(笑)

ひとりの友人は、この辺で断念しました。
伊豆大島の秘境

この辺から降りて行ってシュノーケルしたいなーっ
東海汽船で行く伊豆大島の旅

と思いましたが、友人たちからブーブーでした(笑)そんな秘境で見つけた「シンゴジラ岩」
伊豆大島、シンゴジラ岩

質感といい、上を見上げて空中にいる戦闘機を狙ってる映画のワンシーンみたいじゃないですか?
っという事で、到着一発目は道なき道を進む大冒険でした。あー、無人島生活したいなぁ~


【三原山温泉】朝5時から開いてる伊豆大島源泉かけ流しの湯

大型客船で早朝到着する身としては、朝5時から開いているのは嬉しいですよね。
三原山温泉

到着したのは朝8時。霧がかっていました。
こちらの三原山温泉、予約しておけば2000円で朝食付きにも出来るようです。朝食もお風呂の時間も9時までなので、寄り道しないで来る必要がありますね。

大型客船で寝ながら到着、そのまま温泉、そして朝食。
なかなか優雅ですよね。
次回、試してみたいと思います。

っという事で、今回は温泉だけの利用です。
三原山温泉、源泉かけ流し

1分間に108Lの湧出量。すごい量ですね。
温泉の受付口で「サザエおにぎり」が売っていたので、朝食はこれにしました。
三原山温泉、サザエおにぎり

ようやく、昨晩飲み過ぎた酒も抜けてきました。さーっ!潜るぞーっ!



【トウシキ遊泳場】地元民も「ここが一番」とオススメする海

トウシキ遊泳場に到着したのは9時半ころ。
誰もいませんでした。早速準備をして潜ります。
岩場で囲まれていてかなり穏やかな海。そして、魚もたくさんいました。

先日、海でiphoneを破損させてしまってから、海にiphoneを持ち込まなくなったので、写真がありませんが、午後に行った海では友人がGoProで動画を撮ってくれてますので、紹介しますね!

私も次の大島までにGoProを買う事に決めました!こうご期待!

先ほどお伝えしたように、岩場で囲まれており、本当に穏やかです。そして海水温度も高い。
ウツボがやたらいる海でした。
いつも見る虎柄のウツボではなく、オレンジ色のようなウツボもいましたね。
初めて見ました。

最近購入したダイビングライトが大活躍です。
昼間でも、ライトを使う事で岩の間とか、穴の中とかを見る事が出来るので、今まで見つける事が出来なかった魚がたくさん!
カサゴなど昼間から岩陰で寝ている魚とかもいて楽しいですね!
2000ルーメンという明るさはかなり明るいですよ。水深150mの水圧にも耐えるようですが、シュノーケルではそこまで潜れないですねー。
シュノーケルしながら撮影するなど、手を空けたい場合は、こちらのライトホルダーと一緒に利用すると便利ですよ。



10時半頃でしょうか。貸切だったトウシキ遊泳場にポツポツと人が集まりはじめました。
ひと組はご家族で旅行者でした。年に1度来るそうです。

ひとりで来ていたおじさんはおそらく地元の方だと思います。
「こんにちは!良い海ですねーっ」って声をかけると
「このあたりではここが一番だよ」っと言ってくれました。

少し波が荒い方に行こうとした時も
「その辺までにしておいた方が良いよー、うねりがあって危ないからーっ」っと声をかけて頂きました。

その後、我々が車で着替えているときに、地元の方らしき人が来ました。さっきのおじさんの車も、その方の車もレンタカーではなかったので、おそらく地元の方でしょう。

地元の方にも人気のトウシキ遊泳場、ぜひ遊びに行ってみてください。穏やかで比較的お子様連れのファミリーでも安心かと思います。


ランチはラーメン、伊豆大島は火曜休みが多いので注意

火曜定休日の店と、コロナの影響で閉めている店が多く、ランチの場所を見つけるのは少し大変でした。
今回お邪魔したのは「中華そば すする」さん。
中華そば「すする」入口

「すする」ってナイスなネーミングですよね。
中華そば「すする」ラーメンメニュー

塩中華そばがとても気になりますが、初めて入る店では基本のラーメンから頂くと決めているので、中華そばを注文しました。

中華そば「すする」トッピングメニュー

こちらはトッピングとサイドメニュー。味付け卵をトッピングとして選びました。
まず中華そばがこちら
伊豆大島で中華そば

そしてトッピングの味付け卵は別皿で用意してくれました。
中華そば「すする」味付け卵

煮干し系のシンプルであっさりしたラーメンでした。海から上がった後は、もう少ししょっぱい、濃い味を求めたくなりますが、これはこれでとても美味しかったですよ。
友人が注文した「つけ麵、大盛り」がこちらです。
伊豆大島「中華そば すする」つけ麺、大盛り

麺は極太麺に変わります。かなり量が多かったようで、食べきるの大変そうでしたね(笑)
お会計の時に、お店のおじちゃんが
「島には旅行かい?」っと声をかけてくださったので

「日帰りでシュノーケルに来ました!」っとお伝えすると
「もうどこかで潜ってきたのかい?」

「トウシキ遊泳場行きました!この後は王の浜に行く予定です」
「王の浜は遊泳場ではないけど、あそこも良い海だよー」っと言ってくれたので、ますます楽しみに王の浜へ向かいました。

美味しいラーメンありがとーーーっ!



【王の浜】まるで竜宮城!シュノーケル中級者にオススメの海

まるで伊豆大島の竜宮城です。先に潜った友人はすぐに顔を海面からだして
「太郎さん!(←私)ここヤバい!」っと興奮気味!

私も潜って、大量の魚にビックリ!更に水深があるところに移動するとフエフキダイやら、1m近くあるコブダイまで!

動画編集したので是非見てみてください。ただ、正直この動画「こんなもんじゃない!もっとすげーんだよなぁ!」って感じで少し悔しいです。
この動画の5倍くらいは魚がいると思ってくれても大袈裟ではありません。

いかがだったでしょうか?
もちろん海の条件によって、日々変化があると思いますが、この日の王の浜は素晴らしい海でした。
(2021年8月31日撮影)

伊豆大島の竜宮城「王の浜」、ぜひ足を運んでみてください。良かったらコメントもくださいね^^


最後に温泉、そしてジェット船で帰路へ

さてさて、レンタカーの返却時間も迫ってきております。
温泉に行くか、温泉はあきらめてもうひと潜りするかというプチ会議の末、シュノーケルを諦めることとなりました。


正直、時間があまりなく、帰り道にある温泉ならどこでも良かったのですが、こちらも大当たりでした。
三原山噴火の後に湧き出した温泉を利用した施設という事でしたが、湯質もよく「うたせ湯」がなかなか気持ちが良かったですね。
プールも併設しており、半日ゆっくりできそうな施設でした。我々は迫るレンタカー返却時間のため、20分ほどで退店しました。

15:30ほぼジャストでレンタカーの返却完了。
ジェット船出港は16:35、レンタカーの返却は、その1時間前までとなっておりました。

ここで皆さんに気を付けて欲しいのは、レンタカーの返却後、港まで送迎してくれるのですが、その送迎が他のレンタカー客との乗り合いなので遅刻すると皆に迷惑をかけてしまいます。少し時間に余裕をもって返却に行った方が良いですね。

我々はそこまでの考えが無く5分前というギリギリで到着してしまったのですが、既に待っているお客様もいました。

「お待たせしてすいません」っと声をかけると、たまたま朝のトウシキ遊泳場で知り合ったご家族で、これも旅の醍醐味だなと思いましたね。
とても良いご家族でした。

15:45元町港へ到着。
基本的に岡田港を利用する大型客船と違って、ジェット船はその日の海の状況で岡田港、元町港、どちらから出港するかが当日決まります。これも覚えておいた方が良いポイントですね。

さて、出港まで50分あるので、お土産屋さんなどを見て回りました。重い荷物を持ったままだと大変なので、港のロッカーを利用。大きい荷物用に大型のロッカーを備えてくれているので便利ですよ。

買物も終え、ジェット船に乗り込みます。
東海汽船、ジェット船

16:35伊豆大島より竹芝桟橋に向けて出港。着座と同時に爆睡。起きたのは18時。
18:10竹芝桟橋入港
寝て起きたら到着しておりました。ジェット船早いですね。
ありがとう!東海汽船!ありがとう!伊豆大島!


最後に

伊豆大島、シュノーケルの旅いかがでしたか?東海汽船の大型客船とジェット船の合わせ技で、たった1日の休みなのに連休をとったかのような満足の旅でした。

ちなみに東海汽船は3日前までにwebで予約することで、なんと20%も割引になります。
また東海汽船の株主になる事で35%割引(7月8月の繁忙期は25%)になる他、大島のホテルやバスなどで使える割引券ももらえますよ。詳しくはこちらのページを参考にすると良いですね。

私自身、この旅を大変気に入ってしまいまして今月もう1度行こうと考えております。
秋になって、海に入る時期ではなくなったら三原山に登って温泉の旅というのも良いかもしれませんね。

ぜひ!皆様も良い旅に恵まれますよう!
それでは最後までご覧いただきありがとうございました。



【当ブログのアイコン設定方法】

iphoneの方はアプリのようにアイコン設定もできますので、ぜひご活用ください。
たったの3ステップです。

1、当サイトTOPページでここをクリック
当ブログをiphoneのアイコンに設定

2、「ホーム画面に追加」をクリック

3、確認画面で右上の「追加ボタン」をクリック
iphoneに追加完了

これで完成です。
ぜひよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

0 コメント