バイク買取依頼いただき、1万円のお小遣いまで。。。(ミニカー登録のジャイロキャノピー)

バイク買取させて頂き、お小遣いまで頂いてしまいました

バイク買取にお伺いしたら、遠いところをありがとうと1万円のお小遣いを頂いてしまいました。

出張買取の際に頂いた1万円


1/10の1000円を寄付。
寄付金箱

約4000円を、そのお客様への贈り物。

半分の5000円を大事に使わさせて頂きました。


買取にご自宅までお伺いした際、小学生かもう少し小さいくらいの男の子がいたので、その子も喜んでくれるようなアイテムを手配させて頂きました。

4000円(送料込)じゃ高くて自分じゃ買わないけど、貰ったら嬉しいという贈答品としておすすめの品です。

喜んでもらえると思います。
贈った自分も楽しみな一品です。



>BAN plus Tokyoのバイク買取ページはこちら



遠方買取

さて、今回は神奈川は伊勢原まで、ホンダ、ジャイロキャノピーの買取にお伺いさせて頂きました。

買取したジャイロキャノピー
ご自宅等が特定されないよう少し離れた場所で撮影しました。

もう4年ほど前に当店でミニカー登録をして新車販売したジャイロでした。
当店で最後に整備をしたのが平成31年の3月だから、実に2年と3か月ぶりのご連絡でした。

当時、大田区に住んでいたお客様でしたが、現在は伊勢原。
当店のある大田区からは高速道路を使って約1時間半の場所でした。

だいたい、遠くに引っ越してしまった方は、その付近のバイク屋や、買取専門店に依頼してしまうバイクの買取。
そんな中、当店を思い出して、連絡くれたことがとても嬉しかったです。

始めは、さすがに遠いので神奈川県は厚木にある友人のバイク屋さんに買取代行をお願いしようかなとは思ったのですが、先ほどお伝えしたように、それこそわざわざ当店に連絡をくれたのだから、自分で直接買取に行こうと決めました。

それに、当然ですが間を入れないで自分で直接行った方が高く買取が出来るので、せっかくのお声がけ、お客様にも最大限のメリットをとも思いまして、遠方買取を決めました。





ご自宅にはミニカーが

伊勢原のご自宅には1人乗り用の屋根付き、車タイプのミニカーが置いてありました。
そのミニカーが現在、メインの機動力になっているようでミニカー登録のジャイロキャノピーは不要になってしまったとの事でした。



バイク買取までの流れ

今回はお客様からLINEでご連絡いただきました。
LINEでしたので、買取するジャイロの車体の写真や、書類の写真などを送ってもらえたので、出張することなく、ほぼ確実な買取査定をする事が出来ました。

お客様に査定額を納得して頂いたうえでの出張買取ですので、手ぶらで帰ってくることも無くなります。

なので、高価買取が実現できます。

「自宅まで来てもらったけど安く買いたたかれそう」
「売却するまで帰ってもらえないんじゃないか」

買取業者にそんな不安をお持ちの方は、こちらのページの第7章をご覧ください。



感謝と買取査定のおすすめ法

お声がけ頂いてありがたいという気持ちと、高く買取したいという気持ちで遠方買取に行ったのですが、逆に1万円もお小遣いを頂いてしまって、むしろ申し訳ないなぁと思ってしまいました。

贈り物喜んでもらえると嬉しいなぁ

今回のように本当にありがたいお客様もいれば、LINEで買取査定依頼してきて、こちらが査定額を提示したうえで、出張買取の依頼を正式に頂いているのにもかかわらず、当日ギリギリにドタキャンする方もいらっしゃいます。

たぶん、不動車だったので、当店が最大限に出した買取査定額を盾に一斉見積りで複数件の買取業者を自宅に呼んだのだと思います。

それはそれで、ひとつの手法なので構わないと思いますし、むしろおすすめしますが正式な買取依頼前にやって欲しいなと思いました。

他の整備のお客様などを断って、時間作っているのに悲しい話です。
こういうのが増えると、それをなくすために、また面倒なルールをお客様に対して作らなければいけなくなります。

ちょっと嫌な話になってしまいましたが、本当に今回の遠方からのご依頼は嬉しかったです。
ありがとうございました!
ジャイロキャノピー

コメントを投稿

0 コメント