【川井キャンプ場】都内から125ccバイクで行ける奥多摩キャンプ場

【川井キャンプ場】
都内から125ccバイクで行ける奥多摩キャンプ場


川井キャンプ場 テント設営

2020年夏に行ったキャンプ場です。
友人たちと125cc バイクを含む3台で下道ツーリングキャンプでした。


いざ!バイクでキャンプ場へ!

当店の前で集合
キャンプツーリング

写真は私が今回利用したGN125Hです。
レンタルバイクとしても使用している1台です。
>レンタルバイクの詳細はこちら

バイクキャンプ経験はあるのですが、125ccでは初めて。
思いのほか荷物を載せづらかったですが、次回はもっときれいに積み込み出来そうです。




これまで海沿いのキャンプ場や山のキャンプ場しかいったことが無かったのですが、今回は川という事で石やら、砂利やらのところにペグダウンすることになります。
なので鍛造ペグを購入しました。
ガンガン刺さっていくので大活躍ですが、重い。

次はこちらのチタン合金ペグを購入予定です

ちなみに余談ですが、これは大失敗でした。
売り文句に「固い地面」とあったので期待していたのですがメチャメチャ弱いです。
1本あたり11g程度とかなり軽いので用途に合わせて使えば良いと思いますが、私には不向きなペグでした。



川井キャンプ場到着

川井キャンプ場 駐車場

っという事で到着!
多摩川沿いの道をずーッと走ってきました。
気持ち良かったですね。
天気にも恵まれました。

写真は駐車場です。
オートキャンプ場ではないので、ここからテントサイトすぐ手前までいったんバイクで降りていき、そこで荷物を降ろし、またここの駐車場にバイクを戻しに来るという形です。

まずは受付
川井キャンプ場 受付
氷や薪なども売ってるので、あまり荷物を積み込めないバイクツーリングキャンプでも利用しやすいですね。




テント設営


っという事で、TOP画像にもなっておりますが、設営完了です。
川井キャンプ場 テント設営完了


川井キャンプ場 目の前が川

川井キャンプ場は目の前が川です。
流れのある川は海と違って、とても冷たいのでこんな感じでドリンク類を冷やしておく事が出来ます。
便利ですね。



川井キャンプ場は直火OK

川遊びを散々してからの食事は最高です。
そして川井キャンプ場の醍醐味、直火OK!
川井キャンプ場 直火OK

っという事で、石を組み上げて焼き台の完成です。
この作業メチャメチャ楽しいんです。

使い終わったら、灰はちゃんと灰処理場へ。
石の処理はキャンプ場によって変わると思いますので、管理人さんに聞きましょう。

元あった場所に戻すのは、確かにマナーのようですが、逆にそのままにしておくことで、次のお客様もそのカマド辺りを使うようになります。
それによって、直火による地面への影響が広がらないで済む。
という考え方もあります。

何はともあれ、自然や人への考慮が必要ですね。



バーベキュー

実はこの時、丸鶏を1羽持って行ってたのですね。
その場でバラして、ササミと胸肉の一部は朝食用にとっておきました。
バーベキュー

そして骨は夜のバーベキューをやりながら鶏ガラスープを作り、翌日の朝食にしました。
朝食の鶏ガラスープ




最後に

私の体験を記しながら川井キャンプ場の紹介をしたかったのですが伝わりましたでしょうか?
都内から下道だけでも行きやすいキャンプ場ですので、ぜひ125ccでツーリングキャンプもやってみてください。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。




コメントを投稿

0 コメント