125㏄でキャンプツーリング!

コンパクトな道具をそろえた!

自作アイテムも!




8月2~3日と1泊で奥多摩までキャンプに行ってきます!

 今回のポイント

  • 125ccギア付きバイクでソロキャン
  • 必須!コンパクトなキャンプ道具
  • 自作アイテム
    タープ連結アダプターで荷物を最小に!
  • 川辺、ペグ刺さるのか?
    ってことで、今回のためにペグ購入!



 125㏄ギア付きバイクでソロキャン

今回の企画は「みんなでソロキャン」企画。
どういうことかと言いますと、みんなで行くけど火起こしや、テント、食材に至るまでそれぞれが用意して行くというイベント。

前回の「みんなでソロキャン」企画の様子

なぜか?みんな フェザースティックを作り始めます(笑)

今回はみんなで「ソロキャン"ツーリング"」です!
私は会社でレンタルバイクとして提供しているGN125Hで参加!





バイクでキャンプは行ったことはあるのですが、125㏄でというのは初めて。
普段は当然大型バイクで行くのですが、今回は友人に合わせて125㏄で参加。

っという事で、できるだけコンパクトなアイテムをそろえました。



 必須!コンパクトなキャンプ道具

125㏄の後ろに全て積み込むため、できるだけコンパクトなアイテムを用意しました。
まずはテント。
こちらは普段から使っているものが、元々コンパクトなのでOK!


 DODのワンポールテントです。
慣れてしまうと10分もあれば組めるので、本当にワンポールは楽でいいです。
値段も1万円程度と安くて、物もしっかりしています。
おススメできるテントですね。
ちなみにこのテントが3個目です。
3個目にして自分のスタイルにぴったりのものに出会えました!


 DODグランドシート
テントの下にはグランドシートを敷きます。
こういうものです↓
テントを汚さない。水の侵入を防ぐ。という役割がありますが、ワンポールの時にこれを敷くと6つの角の位置がわかるので、テントを立てるのがかなり楽になります。
オススメです。


 コンパクトコット
川辺キャンプの必須アイテム。
テント内で寝る時のベッドですね。
こちらもコンパクトに収納できます。
だいたいのものが無地の柄無しで黒や茶色なんですが、これはデザインも気に入って即購入。
しかも値段も7000円しないのです。
もう、5回くらい使いましたが丈夫で満足ですね。
川キャンだと地面が石になるので、今回のキャンプまさにうってつけ。


 タープ
タープってのは、一言で言うと屋根ですね。
一応雨天時に備えて今回も持っていきます。
いつも使っているタープは6人以上でタープ内でBBQできるほど巨大なので、今回はソロ用に215×215(cm)の小さなタープを購入しました。
レジャーシートとしても利用できそうなのでこれに決めました。
しかも1400円程度だったので即決めです。
こちらのタープはポールが付属していないので、ポールも一緒に購入しました。


 ポール
軽量なアルミポールです。
組み立てると192cmになるものが2本入って3000円程度。
太さもちょうど良く、強度も心配なさそうです。
今回は荷物軽量のため、ポールは1本だけ持っていけばタープがたてられるように自作アイテムを用意しました。
この後の章で発表いたしますね。


 テーブル
今回購入したテーブルはコンパクトというほどコンパクトではありませんが、収納時11×14×45(cm)で、バイクツーリングキャンプのアイテムとしてはギリセーフといった感じです。
飲み物や食べ物、調理する場所などを確保するにあたって、あまり狭いと色々と不便なのでこの大きさにしました。
ランタンフックがついているのも購入を決めたポイントです。



 自作アイテム
タープ連結アダプターで荷物を最小に!

基本的にタープは2本のポールを使って設営しますが、今回はタープ用のポールは1本、そしてもう1本のポールは、ワンポールテントのポールと併用にしようという作戦です。

出来上がったものがこちら


これをワンポールテントのTOP部にかぶせて、テント後方に2本ロープを張って使います。

作り方は簡単
壊れてしまったキャンプ道具のケースを利用します。
かなり頑丈に縫い込まれているケースなのでちょうど良かった。


三角にカットします。


このようにスナップボタンを取り付けて完成
スナップボタンはこちらを使用しました。

取り付け工具付きで1300円程度。
安かったです。
あとは使ってみて、強度がどうかだなぁ。

そして次はテントロープを打ち付けるためのペグですね。


 川辺、ペグ刺さるのか?
ってことで、今回のためにペグ購入!

いつもは芝生や、砂浜でしかテント等の設営をしないため、地面がもし硬くても打てるようなペグを持ち合わせていなかったため、今回は2種のペグを購入しました。

まずはこちら








頑丈な鍛造ペグです。
日本製、なんと燕三条製です。
そこに魅かれて買いましたね。

楕円になっており、抜けにくい構造になっているようです。
岩をも砕くペグですね。
ただし、重い。
とても重いです。

なので、これは8本だけにして、別のペグを買いました。
それがこちら








超軽量で丈夫なチタンペグ

届きましたがとにかく軽いです。
川辺に打ち込めるかどうか?
正直、使ってみないと何ともわかりません。
楽しみですね。


 楽しみキャンプツーリング

っということで、今回の初川キャンプ&バイクツーリングキャンプに向けてそろえた道具を紹介させて頂きました。

バイク×楽しむ

やりたかったイベントが早速できて嬉しいですね。
キャンプ好きのライダーさんはいらっしゃいませんか?
一緒に行きましょう!

今回の川辺バイクツーリングキャンプの状況は後日またBLOGにて紹介させて頂きますね。
リアルタイムではインスタグラムで発信させて頂きます。